2017年3月9日

喋るより聞き取る方が好き

昨日は語学仲間&ボサノバ仲間のKさんのお誘いでKさんのボサノバの先生のライブへ行きました。


Kさんの先生は日系ブラジル人の方なのでノリが南米で楽しい。


全然関係ないけど先日、たまたまとある動画を見たくて探したらスペイン語バージョンがあったのでそれを見ていたら無性にスペイン語を勉強したくなりました。


今でも悔やまれるのはアメリカでもっとスペイン語を勉強しておけば良かったということ。


大学では第二外国語のクラスを取らなければならなかったのに、日本語が第二言語と認められたため、取っても取らなくても良いということになったのです。スペイン語のクラスあったのに。


学校にもスパニッシュ系の人は結構いたし、NYで働いていた時は同僚の1/3がスパニッシュ(残りが日本人と中国人とアメリカ人)だったので職場でスペイン語が飛び交っていたのに…


あぁ悔やまれる…


今勉強しているフランス語もドイツ語も全然使う機会がないので勉強に張り合いが出ず(←言い訳)、楽という理由で最近は英語に逃亡中。その英語すらあやしいけど…


やっぱり今1番勉強する理由(?)があるのはブラジルポルトガル語なのですが、ポルトガル語をメインで勉強する気になかなかなれない…。なぜって、私の頭の中には、イタリア語ができればある程度スペイン語がわかる、スペイン語がわかればある程度ポルトガル語がわかる、それならまずはイタリア語をという仕組みが出来上がっているからです。。。


でもイタリア語はイタリアでしか使わない。ならスペイン語やった方がいいかなとかも思っちゃう。


そんな事ばっかり考えて、肝心の勉強もほとんど進んでない…


しかし、スペイン語の動画を見て、ポルトガル語も喋れなくとも聞き取れるようになりたいと思い、まずはスペイン語を初級からやり直そうと思って、収納棚にしまってある語学本をあさってみたら…


orz…


スペイン語の本は全部実家に置いてました(涙)。モチベーション急降下。


スペイン語は耳で聴くのが楽しいのでドラマ見て勉強しようかなぁ…。


最近気付いたけど、私はお喋りな方だと思うけど気まぐれな所があり面倒くさかったり疲れたりしていると喋るのが億劫になるので基本的には喋りはあんまり得意ではなく、喋るのよりも聞き取りたい、外国の人が言ってる事や書いていることを理解できればそれで満足な気がします。


だから翻訳の勉強なら頑張れるのかも。


最近自分でもすごいなぁと思うのは、英語のスピーキング力は喋らなければ落ちていく一方なのに、聞き取り能力は1度身につけたらよっぽどのことがない限り落ちないということ。


どんなに速い英語でもかなり聞き取って書き取ることもたぶんできるし、ニュースの聞き取りも未だにそれほど苦でもない。


今では、英語が聞き取れなかった時ってどんな感じだったっけとタイムマシンで戻ってみたいぐらい。


そんなわけで、聞き取り能力というのはすごいなぁと思う今日この頃です。


何が言いたいのかわからなくなったけど、いつものようになんとなくつれづれ日記的な今日のブログです。


インスタもよろしくお願いします!

にほんブログ村 多言語学習者(学習中)
にほんブログ村 マルチリンガル
にほんブログ村 英語 通訳・翻訳

0 件のコメント:

コメントを投稿